インドネシア人向け

セーフティーファースト(安全第一)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

-Bahasa Indonesia-

Bulan lalu, Pak HINO yang instruktur dari Toyota Ehime di BLK BANTAENG untuk membantu saya selama 2 bulan di sini.
Hari ini  HINO san mengajar siswa.
Bahwa sebagai teknisi Kami harus mengutamakan K3 (Kesehatan dan Keselamatan Kerja)
Walaupun kita bekreja dengan cepat tetapi setelah bekerja kita memdapatkan luka itu tidak bagus.
Ketika bekrja di bagian Engine,  masalah sekecil apapun sangat mudah membuat jari terpotong.
Apabila Jari telah terpotong maka selamanya akan hidup tanpa jari. karena jari tidak di jual dimanapun.
Kami sangat memerlukan K3, Agar kecelakaan kerja kosong, selama proyek ini berlangsun hingga selesai.
amin.

-日本語-

愛媛トヨタからインストラクターの日野さんがバンタエンに支援に来てくれました。
6月までの約2ヶ月間の活動です。
今日は日野さんに安全作業についての講話をして頂きました。
私達エンジニアにとって、安全作業は何よりも優先させなければいけない事です。
いくら早く仕事ができたとしても、怪我をしてしまっては何にもなりません。
エンジンの作業時など、ほんの少しのミスで指は簡単になくなってしまいます。
一度なくなってしまった指は、どこにも売っていないので、一生その指のない生活をしなければなりません。
きちんと安全について管理が出来るようにし、このプロジュエクトが終了するまでの間、そしてそれ以降も事故、怪我、ゼロを目指して授業に取り組みます。

-PHOTO-

dav

dav

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.

Twitter でフォロー

コメントを残す

*

CAPTCHA